東京の子連れお出かけで城北交通公園へ!機関車とバスを親子で楽しめます!

都内でのお出かけ、どこに行こうか迷う時もあると思います。今回は、私が子供と妻と一緒に遊びに行った板橋区にある「城北交通公園」について体験ベースでご紹介したいと思います。うちの息子も大はしゃぎですし、普通の公園よりも無理なく長い時間過ごせます!お子さんを連れていかれたらきっと喜ぶと思います!

【Contents】
1.所在地
2.ここが魅力
3.本物のD51蒸気機関車で遊ぼう
4.使われなくなった都バスで遊ぼう
5.精巧なジオラマも魅力
6.遊具・ごはんスペースもあります
7.まとめ

1.所在地

住所は東京都板橋区坂下2丁目19、都営三田線蓮根駅から徒歩5分の場所にあります。
緑が多く、家族連れで賑わっている公園です。

2.ここが魅力

公園というとブランコや滑り台・砂場があり、少し走り回ることができるスペースがある、というのが一般的ですが、城北交通公園の最大の魅力は、「交通」という名がつくように今は使われていない本物のD51型蒸気機関車と都バスが置いてあり、自由に乗ることができることです。

3.本物のD51蒸気機関車で遊ぼう

蒸気機関車はいわゆる「SL」、子供からは「シュッシュポッポ」で親しまれる言わずとしれた人気の乗り物です。

新橋駅前にあるものは有名ですが、あれはD51ではなく、C11という型違いの機関車です。ちなみにD51が展示されているのは、東京では台東区の上野公園とこの城北交通公園だけのようです。上野公園と肩を並べるなんてびっくりです!(決して肩は並べていない…) ※D51とC11の違いは、ここでは言及しません(聞かないでください 笑)

私も自分の居住域にこのような公園があるなんて知りませんでしたが、子供が生まれ、色々な公園を調べている際に発見したのです。アンテナを張るのは大事ですね!実際に間近で見るD51の迫力・重厚感は、鉄道オタクではない私でも少し興奮しました。

そんなD51蒸気機関車ですが、なんと乗れるのです!運転席に!これはできそうでなかなかできない体験ではないでしょうか?急な入口の階段(急ですが2歳でも自力で昇れます)を昇り、中に入ると真っ黒な空間にいくつものメーターや金色のレバー、ハンドルがあって、少しではありますが、動かすことができます。うちの子も何が何だかわからないながら、レバーを引っ張ったり、ハンドルを回したりして楽しんでいました。また、運転席から外を見てみると…、意外と高いんですね。体感ではマンションの2階くらいに感じられる高さです。(ちゃんと格子がついているので安全です)

 正直、運転席でできることはそれくらいなのですが、普段入ることのできない場所で、壁一面黒光りしている空間は不思議な居心地です。うちの子も「一度見て飽きるかな?」と思いましたが、「もう一回行く!」と言って、乗っては降りを何度も繰り返しました。うちの子以外もリピーターになっていました。笑

 あとはやはり外観・内観と子供の写真を撮るのがおすすめです。インスタ映えです。笑

4.使われなくなった都バスで遊ぼう

使われなくなった都バスが、そのままの形で蒸気機関車のすぐそばに設置されています。(外観は遊具用に桜や虹の絵がボディに施されています)

こちらも何といっても、運転席に座れます!あのバスでよく見る大きなハンドルと、長いシフトレバー(ギアを変えるもの)を操作できるのです!その他にも謎のボタンがいっぱい!これ大人でもちょっとやってみたい!って思ってしまいます。(このときは子供たちがひっきりなしに入れ替わりで遊んでいたので、私は遠慮しましたが。そもそも大人は誰もやっていない。笑)

 客席もそのまま残されており、そこには絵本も常備されているので、席で絵本を読んでいる子供もいました。

うちの子は運転席に座ると、「すわってくださーい」と私と妻に言って客席に座るのを見届けるとハンドルを回し、シフトレバーを操作し、もう気分は完全にバスの運転手でした。ぜひお子さんのかわいいバス運転動画を撮影してください!

その後、後部座席に行ってゴロゴロして、また運転して、降りて、また乗ってを繰り返していました。

5.精巧なジオラマも魅力

最大の魅力は蒸気機関車と都バスとお伝えしましたが、実はこれだけではないんです。
この公園、蒸気機関車と都バスのすぐ近くに交通資料館があります。壁には蒸気機関車や電車の歴史が記されているのですが、そこは置いておいて(おいおい 笑)、色々な種類の新幹線や蒸気機関車の模型が展示されています。こちらも電車好きの子供には大ヒットです。うちの子も「新幹線~!」と嬉しそうに見ていました。

そして、そんな資料館の真ん中には精巧なジオラマがあります。お察しの通り、電車走ります。その電車が、、、なんと機関車トーマスとジェームスなんです!
私達が行った日は残念ながらトーマスはお休み(故障中)だったのですが、ジェームスが走り出すと子供たちは大興奮で山のトンネルからジェームスが抜けてくる様は本物さながら、子供たち大興奮です!そんな傍らもう一人「子供の目線で見るとすごいよ!」と興奮していたのが、しゃがんでいた私の妻でした。笑
なるほど、子供の目線を意識した高さに作られているのだと資料館とそれに気づいた妻に感心しました。こういうのって割とずーっと、ぼーっと見ていられますよね。

ちなみにトーマス、ジェームスが走るのは以下の時間帯なので、見に行かれる方はご注意ください。
①10:30~
②13:30~
③15:00~
(2020年1月現在)

6.遊具・ごはんスペースもあります

今回のレポは電車・機関車とバスにフォーカスしてお届けしておりますが、一般的な公園としての遊具も充実しており、大きな滑り台が2台(一つはアスレチックっぽいもの、もう一つは消防車を模したもの)、砂場やその他の遊具もあります。小さい子向けの滑り台は消防車のほうなので、2歳のうちの息子はこちらで遊びました。

また、ピクニックスペースやウッドテーブルも何台かあるので、ランチをするのもいいと思います。近くにスーパーがあるので、この日はこちらでお弁当等を買い、ウッドテーブルで食べました。結局4時間くらいいたのでしょうか。

あと気になるのは、おむつ替えのスペースですが、公園のトイレにちゃんと設置されていますので、問題ありません。

この日は遊びませんでしたが、幼児専用サーキット(ロータリー?)のようなものもあり、三輪車や足漕ぎ車(?)がレンタルできます。買う前にまずお子さんの練習に活用してはいかがでしょうか?もう少し大きくなったらうちも利用したいと思っています。

7.まとめ

城北交通公園の体験団をご紹介してきましたが、まとめると以下のとおりです。

  • 蒸気機関車も都バスも運転席に乗ることができ、見ても乗ってもお子さんが楽しめます
  • 資料館のジオラマは、本物さながらの臨場感があります。
  • ごはんを食べるスペースも十分にあり(スーパーも近い)、半日は過ごせます。

あ、大事なことを言い忘れていましたが、これまでご紹介した城北交通公園の設備は全て無料でご利用いただけます!

どこにお出かけしようかな?と迷われたときには、よかったら城北交通公園を検討してみてはいかがでしょうか?

以上

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク