加治ひとみの過去の経験を知る。Wiki風プロフと今の彼氏は?【深イイ話】

4.加治ひとみの過去の経験

1年で100曲以上の歌詞を考え、今回もオリジナル楽曲のすべての詞を手がけている加治。実体験を基にした内容が多く、10年以上書き続けた日記からネタを見つけているそう。

中でも高校1年生のとき初めて交際していた彼との恋愛がテーマの「共犯者」という楽曲は思い入れが強いようだ。
引用元:https://mdpr.jp/interview/detail/1668000#anchor-2

加治さん、当時はここに出てくる彼氏のことが本当に好きで、いつも一緒にいたいと思っていたようです。しかし加治さんの家が厳しく、門限は夕方4時。加治さんは、親に嘘をついて、
彼と時を過ごすようになりました。しかしその嘘もバレて。

この時の思いが『共犯者』という曲を生み出したそうです。

加治ひとみ / 「共犯者」MUSIC VIDEO

しかし、加治さんは、そんな大好きな彼氏に突然フラれることになります。

その後、20歳になったときにその彼と再会をすることになったのですが、約束した2日後に彼は交通事故で帰らぬ人となってしまいます。

彼のお葬式のときに分かることですが、当時二人が別れることになったのは、親がそのように仕向けたからだったようです。

ドラマのように切なく悲しいラブストーリーですね。

そして加治さんは当時を振り返り次のようなことを言っています。

恋愛に依存することぐらいしか、夢中になれるものがない10代、20代前半だったんです。自分の夢がわからなかったから、自分探しのために恋愛をしていて、なかなか見つからなかったから男性に甘えていたんだと思います。失礼な言い方かもしれませんが、男性は二の次だったんだと思います。
引用元:https://mdpr.jp/interview/detail/1668000#anchor-2

このときの加治さんが、今のアーティスト加治ひとみを形作っているのですね。

スポンサードリンク

4.まとめ

今回調べたことで、その外見の美しさは勿論のこと、心の強さも持ち合わせている女性だということがわかりました。

また、加治さんは、過去の辛い経験を乗り越えてきたり、自身がもがき苦しんできたからこそ人に伝えられる歌やパフォーマンスができる人になったのだと思います。

内面も含めて、個人的にはとても素敵な女性だと思いますし、今後も応援して行きたいと思いました。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク