C・ロナウドの性格(人柄)は?ホテル(CR7)開業理由は?(なぜ?)【病院説デマ?】


出典:football-zone.net

こんにちは、えいせんです!

サッカー界のスーパースターであるC・ロナウド(クリスティアーノ・ロナウド)がコロナウイルスでの感染拡大を受けて、自身の所有するホテルを病院として無償提供するという報道がありました。

しかしながらこのニュースは誤報(デマ)だという話も挙がっています。
実際のところ、C・ロナウドさんから明確にこのような話は出ていないようです。

ただ、この話によってC・ロナウドさんがホテル事業を営んでいることが、日本でも広く知られることになったので、そのホテル開業理由を調べ、C・ロナウドさんの性格(人柄)を考察してみました。

【Contents】
1.C・ロナウドの性格(人柄)は?
2.C・ロナウドのホテル(CR7)はどんなホテル?
3.C・ロナウドのホテル(CR7)開業理由は?(なぜ?)
4.まとめ

スポンサードリンク

1.C・ロナウドの性格(人柄)は?

3/15(日)にC・ロナウドさんが所有するホテルを病院として無償提供するというニュースがありました。以下は、スポニチの記事です。

C・ロナウドが生まれ故郷のポルトガル・マデイラ島と首都リスボンに所有するホテル「CR7」を病院として無償提供すると、15日、スペイン紙マルカが報道。医師、看護師の給与も負担するという。

セリエAは4月3日までリーグ戦中止。C・ロナウドはオフに脳溢血で闘病中の母マリアさんを見舞うためマデイラ島を訪れていたが、11日に同僚のDFルガニが新型コロナウイルスに感染したことを受けて、イタリア帰国を見合わせていた。

13日に自身のSNSを更新。新型コロナウイルスの拡大について「世界はとても難しい時期を迎えている。我々全員が最大限の注意を払わなければならない。フットボール選手ではなく、全世界に影響を与えている出来事に心配する息子、父、人間として話している。我々全員が現在の状況に対処するために、WHOと政府機関の助言に従うことが重要。人命を守ることが何よりも大切だ」と記していた。

引用元:スポニチ(https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/03/15/kiji/20200315s00002019293000c.html)

C・ロナウドさんと言えば、サッカー選手として、マンチェスターユナイテッド(イギリス)、レアルマドリード(スペイン)、そして現在のユベントス(イタリア)と世界最高峰のクラブチームに所属し続けており、国際サッカー連盟が世界最優秀選手賞(バロンドール)を5回も受賞しているまさにスーパースターです。

勿論、稼ぎも半端なく、2019年の年収は3,100万ユーロ(約37億円)という世界最高クラスの年収を稼ぎだしています。

一方で、上記のコメントを見ても、「人命を守ることが何よりも大切」で、そのために自分もできることをするという、本当に人間性も優れた人物であるということが窺えます。

この人命最優先というコメントは、本物のコメントのようですね!

C・ロナウドさんについては、性格の悪さや荒さが取り上げられることも、しばしばありますが、大半は試合中のエキサイトした中での話で(勿論、試合中でも紳士でなければいけないとは思いますが)、ピッチの外では、とても紳士的な方だと思っております。

日本のメディアにも度々登場されていますが、とてもフレンドリーな方だという印象です。

以前、来日された際に日本のサッカー少年が拙いポルトガル語でC・ロナウドさんに質問をするシーンがありましたが、一生懸命聞いて優しく丁寧に対応していたのも、私としては人間性が素敵な方だと思いました。

優しく見守る笑顔に男でも惚れてしまう! 一生懸命カタコトのポルトガル語を話す日本人の少年を笑う報道陣を一蹴するクリスティアーノロナウド

スポンサードリンク

2.C・ロナウドのホテル(CR7)はどんなホテル?

故郷のポルトガル・フンシャルでの開業を皮切りに現在、ニューヨーク、モロッコ、パリ、マドリードでも開業しており、今後も拡大を計画しているようです。

■ペスターナCR7フンシャル(ポルトガル・フンシャル)


出典:Pestana CR7(https://www.pestanacr7.com/uk/)

Cロナウドさんの出身地、フンシャルにあるリゾート感あふれるホテルで、ホテル事業の第一弾としてオープンしたホテルです。シティリゾートといった感じでしょうか。

外観はおしゃれスポットのような雰囲気で、内装は、部屋・ロビー・廊下・ラウンジといったいたるところに多彩な色が使われており、

ところどころにCロナウドさんのユニフォームやフォトが飾ってあり、その存在を感じることができるので、ファンにはたまりませんね!

ちなみにBooking.comでの口コミでは、『スタッフ』、『ロケーション』、『部屋からの景色』、『設備』、『清潔感』など、とても評価が高いようです。

今回のC・ロナウドさんの英断に敬意を表する意味でも、ポルトガルに行ったらぜひ泊まりたいです!ちなみに調べでは、1泊103ポンド(約13,000円)くらいです。

スポンサードリンク

3.C・ロナウドのホテル(CR7)開業理由は?(なぜ?)

「サッカー選手としての人生は短い。もう33歳になったことを考えると、間もなく収入も減る。行動派の彼だけに、将来も豪華なライフを確保するために自分の資産を投資することを決心した。その1つがホテル事業だ」

米『フォーブス』誌によると生涯年収が703億円に上るとみられているロナウドだけに、「カネ」だけが目的ではないだろう。実際、ロナウドは自分の名前とブランドCR7が彼の息子たちへと受け継がれ、それが永久に存続し続けることを望んでいるのだという。
引用元:東洋経済オンライン(https://toyokeizai.net/articles/-/209518)

サッカー選手の選手寿命が短いというのは、既知の事実でしょう。例外として日本のレジェンド『キング・カズ』こと三浦知良さんは、50歳を過ぎた今でも現役を続けられていますが、本当に例外ですよね。

C・ロナウドさんは、サッカー選手を終えた後でも自身の力でしっかりお金を稼いでいく、そしてそこには、引退後もご自身や家族の生活の質を下げたくないという意思を持っておられるように思います。

ただ、それだけではなく、自分の名を世の中に残したいという思いを持っており、すごく高い基準で物事を考えられている方だなあと感嘆しますし、尊敬します。

既にクリスティアーノ・ロナウドという名は、後世に語りづがれるだけの実績を生み出していますけどね。笑

4.まとめ

・所有のホテルを病院として無償提供し、医師・看護師の給与も負担するということで、本当この今の状況に対して、皆で頑張っていこうというメッセージを自らが動くことで世の中に伝えていると感じたが、この話の信ぴょう性は低い?

・ホテルは、ポルトガルをはじめ欧米やモロッコにも進出しており、そのサービスや設備で宿泊客からの評価も上々。

・引退後の収入源でもあり、また現在の生活基準を維持するための準備(?)という金銭的な側面と、自分の名を後世に残していきたいという野心的な面からホテル事業を行っている。

今回のホテル無償提供の話が本当であれば、今回のことを発端にCR7病院事業も手掛けていくのか!?なんてことも少し思ってしまいました。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク